バリ島に里帰り②ティルタウンプル寺院

翌朝は、別々に入国した友人と、「聖なる泉の湧く」ティルタウンプル寺院へ。

「ティルタ」は水を意味し、「ウンプル(またはエンプル)」は聖なるものを意味します。

昔、インドラ神がこの泉を湧き出させて、他の神々を生き返らせたと言う伝承が残っています。

宿をとっているサヌールからはウブドの山間の道を抜けて、1時間半ほどのドライブです。

観光客が戻ってきているとはいえ、ピーク時とは異なりますので、道路も渋滞なく、ティルタウンプル寺院も空いていました。

入場料を払い、サロン(腰巻)を巻いて寺院へ入ります。

バリ島の寺院へ入るには、必ず正装をしなくてはなりません。

観光地の寺院では、入り口にレンタルがあるので、それを利用しました。

いくつものテルタが流れてるところがあります、順番に浴びていきます。

祈って、顔を洗って、口に含み、頭からかぶる。

欲はご法度!

ただ祈るだけですよ。

観光地化されている部分もあるので、エンターテイメントが強くて。。。

それでも、天界から降り注ぐ、柔らかない光を感じることができて、心地よかったです。

ちょっと、白っぽくなってますでしょ?

この日は、満月の前日でしたので、テルタを汲みに来るローカルもいましたし、家族でムルカット(沐浴)をするローカルファミリーも見られました。

そこそこ長い時間、冷たい水に浸かっていたので、終えてからは、ローカルワルンでバクソ(鶏団子スープ)をいただきました。

その後、少しウブドを散策。

ピーク時の混み具合を知っているので、まだまだ人は戻ってきていませんし、閉まってるお店もありました。

ティルタウンプル寺院から程近いところに、スバトゥというムルカット場があります。

ここは以前、リトリートをした際に訪問したのですが、浄化力で言うならば、スバドゥが高いかもしれません。

ティルタウンプル寺院は、優しさに包まれる癒しのムルカットかな?


写真はリトリートの時のスバトゥ。

その時々のコンディションにもよるかと思いますが。

ただ私は、そういった聖なる場所に、カメラを持ち込んで、バチバチ写真や動画を撮るのは好きではありません笑

数枚は撮りますけど、ずっと撮り続けなくてもいいと思うし。

何より、フィルター越しで見るより、全身で感じることのようが、体験としての質は異なるんじゃないかしらね。

LINE登録特典

  1. 会員価格でのサービス提供
  2. 会員限定のブログ
  3. ときどきカード占い
  4. LINEよりご予約可
  5. ライブ&動画配信