東国三社巡りへ行ってきました

2月16日新月の日、セラピスト仲間の企画に乗っかって、鹿島神宮、息栖神社、香取神宮の東国三社を巡ってきました。

 

初めて訪れたのは、4年前。千葉へ越してきて最初に迎えた春。

夫とドライブへ出かけたときのこと。
なぜか行き先を間違えて、高速道路の「鹿島」という看板を目にし、そのまま訪れることに。

 

そろそろ、三社行きたいな。いつ行こうかしら?などと思いを馳せていた時に、運よくこちらの企画を見つけたのです^^

 

まずは鹿島神宮。

ここはピシッと背筋が伸びるのよね。

奥には御手洗池。
昔はここで、参拝前の禊が行わた場所。

心が映し出される感じで、覗くのはドキドキします。

クリアに見えたから、よし!(笑)

 

そして要石のところへ。
こちらは、地震を起こすナマズの頭を抑えているという伝えられている場所。

参道の遠くからでもわかるくらい、エネルギーが噴出していました。

 

この日の朝、地震があったせいなのかしらね?
地震には気づきませんでしたけど(^^;

 

ランチを挟んで、息栖神社へ。

ここは、とってもユニークな神社。
このユニークさを、怖いと感じる人もいるかもしれません^^

 

飛んだり、跳ねたり、見られたりと、おもしろい( *´艸`)

以前来たとき、夫が「ここ好きじゃない・・・」と言ってことを思い出しましたよ(笑)

 

それから、香取神宮へ。

ここは無防備でいられましたね。

左手の掌が、ジンジンと温まり始めてきました。
それと同時に、身体のセンターもジンジン。
皮膚の表層の冷たさとの温度差がわかるくらいで、それがなんとも心地良くて^^

 

香取神宮では、行ったことのなかった奥宮へ。

アタクシ、要石のあるところが奥宮だと思っていました。
そこにも、奥宮って看板がでてますから。

 

でも、この日訪れた奥宮は違った。

ちょっと写真を撮る気にならない、撮っちゃいけないような佇まい。
力が漲って溢れている・・・

 

小さな鳥居をくぐって社殿へ近づく途中で、エネルギーが変わりました。
ふわっと変わるんじゃなくて、「これより次元が変わります」とハッキリとしたもの。

そこは、子宮の中にいて、生まれ変わる瞬間にいる感覚に近いです。

 

脳内では「生まれ変わる」「生まれる」という言葉がリフレイン♪

 

神社へ行くと、その時々で感じ方は違います。
他の人がいいといっていても、何にも感じないこともありますし。

それよりなにより、「何も感じない」と感じていることにはかわりありません^^

むしろ、無理に感じようとして、他人の感覚を自分のものと受け入れ間違うことのほうが、よろしくないかと思われます・・・

 

さぁ、もうすぐ誕生日。

どんな風に生まれ変わるのかしら・・・

 

と、誕生日を迎える前に、「ねっちょり」というプリンの新触感の言葉を覚えました(≧◇≦)

 

ご一緒した皆さま、どうもありがとうございました^^

ご予約フォーム(トータル)

お申し込みは、ご予約フォームよりお願いいたします。
24時間以内にご返信をいたします。
初めての方やメニューに迷われましたら、総合的アプローチの施術を受けれるトータルセッションをお選びください。