ついつい他人と比べてしまう・・・も悪くはないよ^^

昨年より新たに挑戦し始めた「水泳」と「英会話」

体力作り、あらゆるジャンルを学びたい一心から習い始めたこの2つ。

この2つが思いのほか私の深い闇の部分をえぐってくれます(笑)

 

それは・・・

「ついつい他人と比べてしまう」

ということ・・・

 

「他人と比べる」ことは、自分の現在地を確認するため、あるいは鼓舞するためには必要だと思っています。

でも、それ以外は必要ではないのですが、ついつい比べて卑下してチーン(~_~メ)

 

プールへ行けば、私よりはるかにご年配の方々が、水しぶきを上げることなくスイスイ泳いでいる。

英会話のグループ内は、インテリジェンスな方々ばかりで、課題をこなすだけで精いっぱい。

 

ついつい他人と比べて

「私なんて・・・」
「どうせ私なんか・・・」

と思い込んでしまいがちになっていました。

 

書きながら気づいたけど、停滞期の時ほど、そういう思いが浮き彫りになるね。

 

いやいやイカンイカン!とキャンセルすると同時に浮かび上がる幼少期の記憶。

「どうせできないわよ!」
「そんなことする必要ない!」
「なんでできないの?」
「お母さんがやってあげるわ」
「親のいうことを聞きなさい!」

などなど母親に言われ続けてきた画像が出てくる出てくる(笑)
(※画像とは、その時体験した記憶が映画のワンシーンのように浮かび上がり見えることを言います。)

 

その頃の怒りが潜在意識の中にあり、それらは身体の痛みと歪みとして、顕著に現れてますね~。

久しぶりに怒りの現象が腰痛として勃発し、あまりのわかりやすさに笑っちゃいましたけど、心と身体は本当にひとつとして繋がっていて、切り離してなんて考えられないなと痛感させられます。

 

こういういった心の傷は、身体が記憶してるんですよね。

 

嫌なことって、自然と身体に力が入って、強張らせますでしょ?

 

それらが「恐れ」として身体が記憶し、まだ予期せぬ出来事をネガティブに捉えることになっていると確信しています。

だから、身体のメンテナンスというか、強張りを解放して立て直すことに着目していて、よりその人らしく振舞える身体つくりを提供しています。

 

恐れや不安はね、スピリチュアルのスキルより、身体に直接的にアプローチしたほうが断然早いです!

 

恐れと不安って、生きている限り必要な感情なんです。
だって、私たちって生き物ですし、生存の危機を感じなくなってしまったら、何も学べなくなるから。

 

だけれども、他人から受け取ってしまった恐れと不安は不要です。

それらを解放すると、自然と呼吸ができて、今に生きている実感がわいてきますから。

 

ちょっと話が反れましたが、もとに戻して。

 

それに、常に弟と比べられていました。

ずいぶんと大人になってから弟に、「お母さんの姉ちゃんに対する態度は、尋常じゃなかったよね?俺は比較的自由にやらせてもらえたけど、姉ちゃんへの束縛は異常にキツかったよね」といわれたときは、「理解者がいるだけ幸せだ!」と解放された瞬間でした。

 

それから・・・

 

様々なスピリチュアルなスキルを駆使して、母からの解放は終わったと思っていたけど、まだまだ根っこにあるある(笑)

 

そういえば去年の夏、透視を学んだ学校のカルフォルニア校の先生のセッションを受けたのだけど、その時「コアのコアにある子供のころの画像を処理しなさい」と言われたっけ。

スキルを使って手放すことはもちろん大事。

 

それよりなにより、

「自分がどうしたいか?」
「それを叶えるためにどのようなアクションを起こすか?」
「それを持続させるための忍耐力と勇気とチャレンジ精神を奮い立たせるか?」

という

「すべては自分とどう向き合うか?」

はもっとも大事。

 

他人と向き合うことではないんです。

 

でも、うっかり他人と比べてしまったら、「現在地確認OK!」と言って、「私に何ができるか?」を問うチャンスだと思い直して前を向いて進んでいきましょうね。

 

それにね、目指す頂上はいっしょでも登る方向や登り方が違うだけ。
自分に合った道と登り方を見つければいいだけ。

それに、上手く登っている人の真似したっていい^^

 

さぁ、あなたはどんな道を選び、どんな歩み方をしますか?

ご予約フォーム(トータル)

お申し込みは、ご予約フォームよりお願いいたします。
24時間以内にご返信をいたします。
初めての方やメニューに迷われましたら、総合的アプローチの施術を受けれるトータルセッションをお選びください。