アリゾナへ解剖学実習に向けて

アリゾナへ解剖学実習へ向けて、ちょっと今の心境を綴っておこうかなと^^

 

アリゾナで、医療従事者でなくとも人体の解剖ができることを知ったのは2年前。
当時、ボディワークを教えてくださっていた師匠が、行ってきたと聞いたことでした。

 

「うげっ!そんなのあるか!そして出来るのか!」と驚きと同時に、「行ってみたい、見てみたい」と思っている自分もいたわけです。

 

そして、昨年、ボディワークで繋がりのある友人や仲間たちが、やはりこのセミナーに参加されていて、その話をもっとリアルに身近に聞く機会がありました。

聞けば聞くほど、「行ってみたい、見てみたい」という気持ちが膨らむ膨らむ。

 

で、今年の申し込みが開始したと同時に、夫に海外研修へ行って良いかを尋ねてみた。
一応、主婦ですし、愛猫さんのこともあるからね。

 

「ダメだよ~」といわれていたので、一度は諦めた。
ところがある日突然「海外行きはどうしたの?」と夫に聞かれる。

 

「えっ!だってダメっていうからお断りしたよ」と言ったら、
「いいよ、行きたいなら行っておいでよ」
となんだか、あっさりとOKをもらう。

 

夫の中で、何がそうさせたのか、どんな整理ができたのかは定かではないけど。

 

夫の気持ちが変わらぬうちに、そして、申し込み開始から時間が経過していたので、「どうか空いていますように!」と願いを込めて、急いで友人に連絡して、主催者さんに繋いでもらう。

 

すると、「満席だったけど、キャンセルが出て1席空いている」と連絡が入り、すごいスピードで手続きが済んで、行けることになりました。

 

その時の気持ちを2017年4月17日のFBにあげているのだけど、

 

諦めていたことが、急展開した今日。
一体何がそうさせたのか、わからないけど、ものの3分で手続きが完了。
ただただ「この学びを通して、私を必要とする人のお役に立てるのならば、私に投資をさせてください。喜んで投資します」と願い続けた結果なのかな。
我欲を満たす願いより、他人の欲を満たす願いの方が、断然叶いやすくなってきているように思ふ^^
いろいろ真剣に準備に入ろう^^
それに、時間もお金も有限だから、必要なところにだけ、惜しみなく投資しよう。

 

 

そんな経緯で、アリゾナへ行くことが決まりました~~~。

 

なので、去年は、もうこれに行くことを目標に働いていたようなものです。

 

それから、日を追うごとに、FBグループに、持ち物や手順書などがアップされると、緊張感は増してきます。
けど、どことなくまだ先よね~と、変な余裕もあったけど、さすがに12月に入ると落ち着きのなさが増してきました。

 

年が明けると、落ち着きのなさはMax!(≧◇≦)

 

いつも以上に頻回にグラウンディング(地に足をつけること)の確認が増えてます(笑)

 

その反面、手順書に書かれている名称をチェックしていると、厚さ3センチ重さ4キロの解剖学書が面白くて、鼻息が荒くなる(笑)

 

知らないことを知るって、とっても面白い。
ここがこんなになって、こことここが繋がってるんだ!みたいな。

 

でも、落ち着きのなさは変わらず(笑)
そして、何も頭に残らず・・・

 

久しぶりの日本脱出で、いろんなことが様変わりしていることにも、たじろぐ。

 

ネットでチェックインできるんだ!とか、
ESTAっていうのが入国には必要とか(アメリカ入国にね必要)
旅行保険に自分で入るとか(今までは旅行会社に頼ってた)
手荷物の液体の量が決められているとか
羽田は、リニューアルしてから行ったことがないぞ!とか(笑)

 

ひとつひとつが、新鮮でもあり不安でもあり・・・

 

解剖への不安は、友人に聞きまくったのでそれほどない。いやまだ実感がないかもしれない(笑)

 

でも、解剖学の知識が薄っぺらなので「どうしよう・・・」と、とある職人気質のボディワーカーさんに吐露したら、「解剖学はね、得意な人に任せたらいいよ」とあっさり言われ、「そうか!ならば、私は額の汗でも拭って回ろう!」くらいの、ナゾのゆとりが出てくる(笑)

 

で、なぜ解剖学実習へ参加したかを少しまとめてみる。

 

だけれども、今、その答えは「ない」です。
最初は、あの部位をみて、この部位をみたい。と、そんな衝動はあったのだけど、今は、ちょっと違う。

 

もちろん、確認したい部位はあります。
部位に限らず、エネルギーフィールドやチャクラのことも含めてね。

 

でも、本当の目的は別なところにあるような気がしています。

 

そこに関しては、今からあれこれ準備するのをやめて、まっさらな気持ちで向き合ってみたいと考えています。

 

期待をし過ぎたり、何かを持ち帰ろうと意図するのではなく、うんと、五感を広げて、身体全部と合わせて、その場で感じるものすべてを純粋に受け取ってみようと思っています。

 

どうしても人は、損をしたくないから、せっかく行くのだから。とか、お金をはらっているのだから。と欲に駆られることがあります。

 

もちろん、それも大事だし、そこにかける情熱は素晴らしいもの。
だけれども、それはそれとして、ちょっと小脇に抱えるくらいにして。

 

過度の期待や意図は、エネルギーが閉じちゃうので、むしろ、どーんと受け取る器を広げた方が、予期せぬギフトを受け取ることもある。

 

そこには、イイも悪いも何もないしね。

 

今は、そんな心境です。

 

きっと大丈夫^^解剖学書と水着があれば、あとはなんとかなる( *´艸`)

えっ、水着???(笑)

ご予約フォーム(トータル)

お申し込みは、ご予約フォームよりお願いいたします。
24時間以内にご返信をいたします。
初めての方やメニューに迷われましたら、総合的アプローチの施術を受けれるトータルセッションをお選びください。