点で繋がる人間関係がちょうどよい

 

先月くらいからかな?
今まで、「点」で出会っていた同志と「線」で繋がるご縁をいただいています。

 

長い方で7~8年、近い方でも2~3年の出会いですかね。
お互い顔や名前を存じ上げていても、なかなかお会いする機会もないですし、無理に。。。ということでもないんです。

 

でも、なぜかタイミングよく会うんです。
街中の洋服屋さんだったりね(笑)

 

なぜ今なのかというと、「互いの成長を押し上げたい」のだと感じています。

 

スピの世界は、はたから見ると様々な偏見と誤解が渦巻いています。

怪しいという人もいれば、信じないという人もいるし、毛嫌いする人もいる。
リーダーに頼れば、Yes or Noの答えを出してくれて、楽な方へ誘ってくれるだろうという方もいれば、ただ単にに、神秘的、奇跡的なエッセンスに魅かれて、スピが好き、という人もいるでしょう。

 

でも、これはスピの世界に限らず起こりうることなのだけれども、なぜか極端な対極に位置しているな~と思うのです。

 

だから、私たちは、自分たちが「ブレる」ということに、非常に敏感です。

 

ブレちゃたら、途端に悩める子羊たちを飼いならすことは簡単に出来てしまいます。。。

 

そうなってしまっては、膨大なカルマをつくって、巻いた種を刈る作業だけで、この人生を終えてしまうので、幸せとは縁遠くなっていきます。

 

そんなことをするために、私たちはリーダーという仕事を選んだわけではないですから。

 

私がここのところご縁をいただいているリーダーさんたちは、「精神的自立」をされています。

 

うん、これ、私が長年課題だったこと。

 

ようやくここにたどり着けたかな~と自負してます。

なので、普通の会話をしていても、絶対ネガティブにならない。
むしろ、お互いを押し上げて終われる。

 

そして、無理に繋がろうとしない!
寄生、あっ失礼!(笑)依存しないということね。
これ大事です。

 

糸(線)で繋がろうとすると、すぐに絡まっちゃっいますし、ほどけなければ切るしかないですよね。

 

日本画家 堀文子さん著書の「ひとりで生きる」著書には、自立するにあたり、とても励みになった言葉がいくつも散りばめられています。

IMG_3909.JPG

「群れない、慣れない、頼らない、これが私のモットーです」

「私は、人に頼らない人間、自立した人間、理性で自分を支配することのできる人間、
そんな人間になって生きようと志を立てました」

「本気で、自分の孤独と向き合う」

 

まさに潔い、「点」=「個」

 

「点」でいるからこそ、必要な人とは繋がれて、心地良く生きれるのだと思います。

 

もし、今、孤独を感じているのであれば、それは精神的自立をするために必要な「志」を立てる、いいチャンスなのではないでしょうか?

 

先月から出会ってくださった同志の皆さま、背中を押してくださって、どうもありがとうございます!

 

 

***************
現在募集中のWS
***************
9月21日クラニオデトックス「愛で満たす」
http://nijiironohashi.com/archives/1608

 

***********
8月のご予約状況
***********
8~14日遠隔のみ受付可
15~21日 あと数件受付可
22~31日   あと数件受付可

 

スピリチュアルカウンセリング

【メニュー】
初めての方やメニューに迷われましたら、総合的アプローチの施術を受けれるトータルセッションをお選びください。
●トータルセッション
●透視リーディング
●エネルギーヒーリング
●ボディワーク
●電話・遠隔セッション