バリ島で見たこと感じたこと

7月の下旬から2回目のバリ島リトリートを開催しました。

もうどこかで、瞑想グループなりメルマガなり、もしくはエネルギーワーク実践講座のグループ内で書いたり、伝えてたり、話したりしているかもしれないのだけど、そろそろ記録に残してもいいかなと、こちらにも残します。

バリ島で感じたこと、それは「水の澱み」です。

私たちの身体の約60~70%は水で出来ていて、水は感情を司っていると言われています。それに、私たちは水から生まれていますしね。

ちなみに、赤ちゃんは80%と言われてます。だから、ピチピチでムニムニなんですね。

年齢ともに水分は失われるというか、維持しにくくなるので減っていきます。

ピチピチからしわしわになる・・・w

そして、私たちが住む地球上の水も70%と言われていて、私たちと非常に似ている水量をもっています。

潮の満ち引きのリズムは、体温、脈拍、心拍、月経、周産期、出産と、体内リズムと非常にリンクしています。

「私=地球」といっても過言ではないのです。

それと感情という部分。

例えば、怒りを持つとカーって体温が上がりますよね。

不安や恐れを持つと、身体に緊張が走り強張る。

悲しい淋しいは、涙がでる。

背筋が凍るほどの怖さ、なんてのもある。

それくらい、私たちにとって、水は大事な要素なのです。

が、その水が澱んでいる・・・

なぜか、今回のバリ島リトリートでは、水に関することばかりしてました。

水中のセラピー、スノーケリング、ムルカット(滝行)2回。

リトリート終了後に訪れた水のテンプル、神聖な水の湧き出る場所。。。

その行く先々で、水の澱みが気になってました。

いつもはもっとクリアで(水の質ではなくエネルギー的に)あるはずなのに。

そこで、どうしてこのような状態になっているのか透視・・・


水の中に、人間のあらゆる感情が映し出されている。
不安、恐れ、怒り、傲慢、自意識、卑下、成功、あらゆるエゴで埋め尽くされてる。

水による恩恵をたくさん受け取っていながら、それに対して、何にも敬意を払ってない。

それどころか、汚し続けている始末。。。

その澱みは、濁流となって人間に牙を向けるだろうなと。

そして「禍を転じて福となす」ために必要なことだろうと。

それは、精神世界において「日本(特に東京)は愛を学ぶ国」と言われています。
(とある文献にあるようですが、確認はしていませんが)

愛とひと言でいっても、普遍的で形も定義もありません。

「私」が存在することが、愛であり神であるのです、なかなかそれを理解して体現している人はいません。
優しさだけでは決してないので、それを丸ごと受け入れる器がないとそう簡単ではないです。

日本人は精神性が高い人種とも言われているので、きっと、そのように神が召したことなのでしょう。

物質も豊かになりましたが、果たしてそれが幸せなのどうなのか。
それを考え改められる環境に整えられた国なのかもしれません。

9月、10月とこれまでに経験したことのない台風を日本を襲い、水による被害も出ています。

もちろん、地球温暖化の影響はぬぐえません。

地球温暖化を招いたのは我々人間です。

何が出来るか、を考えて生活していくかは、地球に対する恩返し、愛をもって接することになります。


自分の心と照らし合わせて、ぜひ、水を地球汚さない生活に意識を向けてみてください。

心=感情ががクリアであれば、地球の水も浄化されます。すべては、心の投影ですから。

恩を仇で返すばかりでなく、人間が水に地球に対して恩を返さなくてはいけない。

壮大なるカルマの解消ですね。

もし私が地球だったら、同じく人間に罰を与えるわ(笑)

だって、一方通行過ぎませんか?

対人関係だって、対等であるから成り立つ。

一方的に頼ったら、バランスを崩しますよね?

そんなことを、考えて行動できるようになりたいものです。


バリ島東部の町アメッドの海。
ここはとってもきれいで優しく、羊水みたいでした。

スピリチュアルカウンセリング

【メニュー】
初めての方やメニューに迷われましたら、総合的アプローチの施術を受けれるトータルセッションをお選びください。
●トータルセッション
●透視リーディング
●エネルギーヒーリング
●ボディワーク
●電話・遠隔セッション