まずは自分の解放と癒し inバリ島⑭

ここまで読んでくださってる方には、プール入ってダンスしてるだけじゃない?って思う人もいるかもしれない(笑)

現にクラスの参加者の中には、こんなことを学びに来たわけではないのに。という人もいた。
(もちろん、最後はよかったって言ってましたよ^^)

いろんなことを学んで来た私としては、コンパクトによくまとまってるプログラムだなぁと思った。

 

とはいっても、これさえ自分の受け取り方次第だ。

 

癒し業界に入ったのは10数年前、ロミロミというハワイの伝統的マッサージを習ったこと。

 

この時、「私、とんでもない未知の世界に入ってしまったかもしれない。。。」と漠然とした未来の入り口に立っていた。

この時からすでに、「スキルやテクニックだけで通用する世界ではない」と感じるものがあった。
なんでそう思ったのかわからないけど、漠然とそう思っていた。

 

一歩、足を踏み入れたなら続けるしかないし、そうでないなら辞めるしかない。と真剣に考えたくらい。

 

だって、中途半端な気持ちでは、お客さんにご迷惑をかける。
それだけではない、この業界にも迷惑をかけてしまうと思ったから。

 

でも、結局は探究心が優って、今に至るのだけど。

 

エサレンの存在を知ったのも、このころ。

当時、ロミロミを習って、そのまま個人サロンで働いていたのだけど、その時のオーナーが、「エサレンは、今後の業界を変えるかもしれない」と言っていたのを覚えている。

 

海外での1か月研修って、私にはハードルが高くて(今もだけど)、それでも興味だけはずっとあった。

 

受講するか随分悩んだののだけれども、それよりも、子供のころから興味のあった目に見えない世界の方を選び、透視やヒーリングを学んだ。

 

そこから、スピリチュアルな世界にどっぷりはまるのだけど、その世界を知れば知るほど、やっぱり、身体と魂が一体でないと、スピリチュアルどころか、現実を生きることも難しくなる。ということを確信して、またボディの世界へ。

 

そこで出会ったのが、これまたとんでもなく、高度な感覚と感性が必要となるクラニオ。

 

この時も、「先に進むのか否か」を自問した。
でも、進むしかなかった(笑)

 

そこから、クラニオでのいろんな流派があって、いろんなボディーワーカーや治療家の考えがある中、必要なところへ参加して、自分のものになるまで学び続けた。今もそれは続いている。

 

 

どれもまだまだ学び中で、すべてが点で、繋ぎ合わせる線は細かった。

でも、ここへ来てその線は太く強くなった。
では、その線を太く強くしたものは何か?

 

それは、自分の解放と癒しだ。

 

ゆったりとした時間の中で、ぽわーんとしながらも自問の繰り返し。
きゃーきゃー笑いながらも、自問。
フルーツに食らいつきながらも、自問。
トレーニング中でも、自問。
露天風呂に入りながらも、自問。

 

ずっと、自問(笑)


※ゆかさんちでブレイクタイム。主は留守(笑)ちゃんとお断りしてますよ^^
テラスのテーブルの上の服は、みわちゃんの物と思われる洗濯物(笑)(≧◇≦)
ひどいな、私たち(笑)

 

透視を学んだ学校でも、ここからスタートしました。
それは、エサレンを学ぶ中でも、自発的に自然と起きていた。

 

ダンスにしろWATSUにしろ、自分自身の身体の無駄な力みを抜くためだったり、苦手意識や価値観、固定観念を外したり、五感や身体感覚を磨くには、いいツールのひとつ。
それ以外にも、得ること、手放すことは数えきれないほどあった。

 

エレンは、「なぜ、今自分がそうしたいと思っているのか、自分に聞いてみて。本当はどうしたいのかを」ということをよく言っていた。

 

そう、すべては自分からしか生まれないのだ。

 

帰国後、ようやくテキストをめくってみた。
そう、クラスでテキストを見ることは一度もなかった(笑)

 

机上の学びより体験が一番!

スピリチュアルカウンセリング

【メニュー】
初めての方やメニューに迷われましたら、総合的アプローチの施術を受けれるトータルセッションをお選びください。
●トータルセッション
●透視リーディング
●エネルギーヒーリング
●ボディワーク
●電話・遠隔セッション