Benih Kasihへinバリ島⑦

ティーチャーEllenは、「郷は郷に従え」的な精神と貢献、慈悲、慈愛の深い人。

なので、トレーニングのみならず、その土地の文化や習慣を知ってほしいという思いが強い。

 

余談だけど、アシスタントティーチャーの有料セッションは、バリニーズのティーチャーのみ受けれます。

 

それは、「地元の人の仕事をよそ者が奪うな」ということ。

 

なので、日本人ティーチャーの有料セッションは受けられません。

 

そりゃそうだよね。

この環境を作ってくれている地元の人のおかげで、こんなに素晴らしい体験ができるんだもの、その恩を返すということもしたくなる気持ちが、すごく理解できるし、その精神は伝わる。

 

なので、レストランのものはレストランから持ち出さずに、食べる事。
環境問題にも配慮していて、プラスティック製のストローは使わない。

 

ペットボトルのお水は飲まずに、敷地内のサーバーでお水をマイボトルに入れて飲む。
チップはまとめて回収して、ホテルの全スタッフに平等に行き渡るように渡される。

 

といったように、規律というより、精神性を重んじた決まりごとはあった。

 

だからといって、特に、窮屈さを感じることなかったです。
むしろ、心地良かった。

 

その一環で、自由参加となる課外授業が用意されていた。

Benih Kasih(ベニカシ)という孤児院の訪問、ウミガメの赤ちゃんのリリース、そして観光客の入れない地元の儀式。

 

もちろん、喜んで参加した!

まずは、Benik Kasihへ。

 

キラッキラッに輝く子供達。
彼らが演奏して歌ってくれるマイケルジャクソンの「We are the world」は、泣けちゃう。

 

互いに手や肩をマッサージしあったり、楽しい時間を過ごしました。

 

ベニシカの子供たちは、両親はいるけど様々な理由が合って一緒に暮らせない子供たちが、集団で暮らしている施設。

 

FBページで、彼らの活動を拝見させていただいているのですが、イベント?的なも野に参加して、バリ舞踊や歌を披露しているようです。
https://www.facebook.com/benih.bali

 

大人になると純粋な子供心って、どこかに置いてきぼりにしがち。

 

子供を持ちたかったけど、持つことを選択しなかった私にとっては、こういう機会に子供と触れ合えるのは、とても貴重な時間です。

 

言葉が通じなくとも、手や肩に触れることで、ひとつになれる。

 

マッサージは、自分の心と身体を繋ぐだけでなく、人とも一つになれるツール。

バリ島へ訪れた際は、できるだけ立ち寄ろうと思います。

ご予約フォーム(トータル)

お申し込みは、ご予約フォームよりお願いいたします。
24時間以内にご返信をいたします。
初めての方やメニューに迷われましたら、総合的アプローチの施術を受けれるトータルセッションをお選びください。