人間の醸し出すエネルギー=オーラって面白いんだよ

「エネルギー」って聞くと、電力とか量子とか、風力発電だったり、元気の出るパワーとか。

いろいろ想像できますね。

でも、ここで私が使う「エネルギー」とは、人間の発する生命力、いわゆる「オーラ」になります。

「オーラ」というと、これまた一気に、怪しさだったり、スピリチュアル色が強くて、怪訝なイメージに。。。

ですが、これら全部の用語を含めて、人の醸し出す「雰囲気」というとわかりやすいですかね。

ただ「雰囲気」というと、勝手に思い込んで解釈してしまいやすい言語でもある。

例えば、「あの人は優しそう」「この人は気難しそう」と自分の物差し、尺度で判断しますよね。

そうなると、私の場合はその「雰囲気」を的確に読む=リーディングという仕事に弊害が出るので、「エネルギー」という言葉の方がしっくりときます。

ですので、ここではその人の醸し出す雰囲気を「エネルギー時々オーラ」と表現させていただきます。

その「エネルギーって何なの?」から始まる、エネルギーの基礎知識から自分のエネルギーフィールド=オーラとチャクラを浄化できるスキルを教えている「エネルギーワーク実践講座」があります。

過去に受講したくださっている方から、

「マサコさんの講座を受けておいてよかったよ。今のスピリチュアルがいかに怪しいかがよくわかる」

「何か傷ついた時、チャクラの浄化をしていると解決が早くなった」

「改めてグラウディングの大切を認識した」

「あちこちでいろんな精神世界を学んだバラバラな考えが、一つにまとまってスッキリ」

「スピリチュアルの概念が変わった」

「セルフヒーリングをしていて、自分では対処できないなとわかった時、人に頼るということができた」

「自分がいかに、自分と向き合っていなかったことに気がついた」

などなど、いろんな感じたことをシェアしてくださっています。

子供の頃の何でも「与えてもらう」という教育を受け続けている大人は、大変失礼な言い方ですが、「教えてもらう」が「与えてもらう」に変換されていて、「自ら考えて行動する」までに、非常に時間がかかります。

エネルギーフィールドの浄化を進めていくと、「自ら考えて行動する」という貢献と奉仕へと移行します。

「与えてもらう」は、損得で考えているので、いつまで経っても、心も精神も魂も成長はしません。

それまでのプロセスは、難解なことも、苦しいことも、辛いことも多く含まれています。

だから、講座の中には、マジカルな手法も用い、エネルギーというものも面白みや楽しさも盛り込んでいます。

マジカルな手法の中には、部屋か空間の浄化も学びます。
自室だけでなく、職場や旅行先の部屋やベットが浄化できたら、より快適に過ごせます。

物の浄化を学んだら、リサイクルを利用することに抵抗がなくなり、より環境に優しい選択肢が広がります。

セルフヒーリングって、自分を癒すことはもちろんですけど、そこから派生するエネルギーというのは、愛と調和へと拡大続けるのです。

それこそが真の「ヒーラー」です。

ヒーラーって、特別な能力を持っている人、良い悪いの判断をする人、人を癒す人のことだけではないです。

誰もが、ヒーラーです。

その真髄を学べるのが、「エネルギーワーク実践講座」です。

もちろん、プロになられる方のベースにお使いいただけるのはもちろんですが、プロになるならないに関係なく「自ら考えて行動する」際の「自分を知る」手がかりにはなります。

人間の醸し出すエネルギーのユニークさを共に学んで、笑顔の絶えない毎日を送りましょう^^

スピリチュアルカウンセリング

【メニュー】
初めての方やメニューに迷われましたら、総合的アプローチの施術を受けれるトータルセッションをお選びください。
●トータルセッション
●透視リーディング
●エネルギーヒーリング
●ボディワーク
●電話・遠隔セッション