自分の居場所は自分の中にしかない

先日、キールタンシンガーソングライターのダフネのバイブランスWSとキールタンライブへ行ってきました。

 

バイブランスは、身体のもつバイブレーションと声、自由に身体を動かして踊って、魂を解放し、癒し、統合していくメゾット。

 

去年のエサレンマッサージのアドバンスコースに参加した際、その一部分を体験していて、「踊りなんぞ嫌じゃ!」と豪語していたのに、スッカリはまってしまい、主催のバリ島リトリートにも取り入れているくらい(笑)

 

おススメすると、だいたい「踊れない」「恥ずかしい」と言われるのだけど、踊ってみてからの「踊れなった」「恥ずかしかった」って体験した結果を口にするのはいいけど、何事も体験する前にいらぬ予測をしていると、それがやがて習慣や癖となって経験値、成功体験が減るので勿体ないですからね。

 

予想外なことが、自分を変え、世界を変えていくのですから、チャレンジに抵抗すること、出来ない言い訳を並べることはやめましょう!

 

と、話はもどって。。。

 

軽めのウォーミングアップから、徐々にテンションを上げていくのだけど、もう身体の高鳴りは抑えられず、気づけば、音楽など耳に入っていないほど、踊り狂ってるのだ(笑)

 

髪の毛から汗が滴るほどに汗でぐちょぐちょになるまで身体を動かし、声をだし、他人の汗さえ愛おしく思えるくらい、くっつき、踊って、ハグして。

 

次回は、全身の着替えをもっていこう!(笑)

 

うつうつとした心と身体を軽くして、新しいなりたい自分を思い浮かべ、大地を踏みしめ、火となり、水となり、踊りながら内なる波と溶け合ってフローな状態に入り、全身を感じて地球と宇宙と一体になるワンネス状態。

 

今の私には、サイコーに心地良いツールなのだ。

 

あらゆる感情という鎧を一端脱ぎ捨て、魂という美しい鎧を纏い続けたい。
そして、自分の居場所は自分の中にしかない。

 

生きていれば、いいことばかりではなく、嫌な現実を受け入れて行かなくてはいけない場面は、波のように幾つも訪れる。

 

その度に、全身でその感情を感じ味わい尽くし、ハートのバイブレーションとともに、赦し、愛し続けることの幸福感。

 

嫌な現実をリリースるには、時間がかかることもある。

 

だけど、明けない朝はない。
闇の中でしか光とは出逢い。

 

毎日、生まれたてのような朝を迎え、その喜びとともに、満ち足りた時を過ごしたいと願い祈る。

 

またダフネとの写真を撮り忘れたのだけど、たぶん、また近いうちに会えるような気がする( *´艸`)

 

スピリチュアルカウンセリング

【メニュー】
初めての方やメニューに迷われましたら、総合的アプローチの施術を受けれるトータルセッションをお選びください。
●トータルセッション
●透視リーディング
●エネルギーヒーリング
●ボディワーク
●電話・遠隔セッション