旅の発見は、新しい目を持つこと

 本当の旅の発見は、新しい風景をみることではなく、新しい目をもつことになる。

小説家 マルセル・プルースト

旅というと、どんなイメージがあり、どんな旅をしたいでしょうか?

Instagramが流行り出しことをきっかけに、旅先でも、こんなの食べましたー!とか、映えの景色などを誰かに見てもらいたくてアップされがちですね。

ええ、もれなく私もそんな使い方をしてますけど。

バリ島へ行ってからは、むしろ、映えのようなところでの撮影や、その場所へ行くことさえ違和感があり、遠ざかっています。

なぜなら、そういう場所というのは、人間のエゴにより、環境や自然、生き物たちの住まいに犠牲を強いている。

ということは、生き物である私たちにも、何かしらの影響がある。

だから、そういうところで撮影することが、滑稽でしかないと思ったから。

旅って、その土地での出会いや、文化や習慣に触れることで、魂が揺さぶられ、癒され、 そして、新しい目線が生まれ、視野が広がり、成長を促される精神的な要素を多く含んでいると思うのです。

マルセルの言葉の意味する「旅」は、マルセルしかわからないことですが、

一般的な「旅行」というより、「魂の旅」という解釈の方が、私には響きました。

新年度も1ヶ月を過ぎようとしています。

果たして私は、この1ヶ月で、新しい目を持つことができているだろうか。

新しい目を持つような行動をおこしただろうか。

そして、その新しい目は、私に何をもたらし、私は活用できているただろうか。

と自問しています。

新しい目をもつと、過去のできごとに囚われていること、思い込み(制限)に気づかされ、それを手放すことに、案外、勇気がいることを知ります。

自分を知る。ということは、魂の癒しに直結すること。

だから、旅はやめられない。

スピリチュアルカウンセリング

【メニュー】
初めての方やメニューに迷われましたら、総合的アプローチの施術を受けれるトータルセッションをお選びください。
●トータルセッション
●透視リーディング
●エネルギーヒーリング
●ボディワーク
●電話・遠隔セッション