自由な世界が広がっていく

今週から、お仕事のかたもいらっしゃいますかね?
私も、ポチポチと始めています。

明けましておめでとうございます。
今年もどうぞよろしくお願いします。

地から風の時代へも移行し、世の中は、まだコロナに翻弄されていて、先行きの不安な方もいらっしゃるかもしれません。

私たちの生活って、必ず誰かの支えや繋がりがあって成り立っていますから、一つ崩れれば、いずれ崩れ落ちていくでしょう。

その反対に、新しい柱を立てていれば、その柱によって、支えや繋がりも再構築されていく。

その再構築される柱を、あなたは持っていますか?

これまでのように、誰かのイカダに乗ることはほぼ不可能でしょう。

自分のイカダがあるからこそ、他のイカダと自由に連結できるのであって、自分のイカダがなければ、そこまでも辿り着けないですし、誰かの支えになることさえ難しい。

それに、風の向きによって変えられるかもしれないし、帆の向かう先を信じて委ねることも必要になる。

パターンや制限から外れてくると、一時的に孤独を感じたり、寂しさ、哀れみ、苦しさが湧いてくるかもしれません。

当然、自己否定もあるでしょう。エゴの対峙なのですから、あって当たり前。

そのような状況下であっても、握った舵を、自分を、他人を信じることができるか?
予測とは違ったできごとが起きても、それらをすべて受け入れられるか?

自分軸とはよく耳にするけど、自分軸って、自分勝手わがままなことと勘違いされやすいですけど、

享受すること。を意味する言葉だと思います。

享受とは、「受け入れて自分のものとすること、受け入れて味わい楽しむこと」

だからと言って、誰かの言ったことを鵜呑みにするのとは別です。
それは思慮の浅さ。

誰もが納得する正解などないのです。
これまでは、世間の空気感に合わせて出していた答えなのですから。

正しさ、正解に固執していると、どんどん視野や意識は狭くなり、より不安や不満も増すでしょう。

例えばね、「この海、とても綺麗なんだよ!」と言われて潜ってみたものの、ゴミが目の前を漂い、とても綺麗とは言えない。

ゴミを避けて潜っても、違う場所を潜っても、またゴミは現れる。

だけど、目の前のゴミを拾い続けて行けば、目の前はずっと綺麗な海を見ていられます。

自分のものにする、味わい楽しみ、そして共有する。って、こういうことじゃないでしょうか^^

風の時代は、「自由」が増します。

逆らえば向かい風ともなるし、思考停止状態であれば流される。

知性と知覚を育み、受け入れる器である身体をしなやかなにつくり、成功ではなく奉仕へ移行していきましょう。

2020年12月29日 by葉山 水温17℃
葉山ブルーといわれる真冬の海に潜ってきました。
装備をしっかりしていれば、寒さを感じることなく潜れます。
なんだかんだと、1時間半近く潜っていたのかな?
冬の海は、浸水しているのは40分ほどが限界!といわれる中で、よく潜ったと思います笑。
日本で潜るなら、冬ですね。本当にきれいですから。
その分、ゴミも多くて、やはりいろいろプラゴミ問題とか考えさせられます。

スピリチュアルカウンセリング

【メニュー】
初めての方やメニューに迷われましたら、総合的アプローチの施術を受けれるトータルセッションをお選びください。
●トータルセッション
●透視リーディング
●エネルギーヒーリング
●ボディワーク
●電話・遠隔セッション