個人的欲求を満たす楽しみから、他者と分かち合う喜びへ移行しよう

ここ数年、楽しいことをしましょう!ということが蔓延していて、それもそれで、大事なことなのだけど。


私が思う楽しみって、個人の欲求を満たすことだけのような感覚がして、とてもつまらない。

それより、喜びの方が、他者と分かち合う愛の循環的な広い広がりを感じるし、こちらの方がワクワクする。


もちろん、喜びにも個人的欲求は含まれているけど、こちらの方が、「相手が喜ぶことをする」と言うて手前の見返りありきでない要素がある。


明け透けで見返りありきの「相手が喜ぶこと」なんて、言うくらいなら、承認欲求を満たされたいです!ってはっきり言っちゃった方が潔い(笑)

あっ、承認欲求に気づいてない方が、もっとタチが悪いけどね(笑)


それに、楽しみを知った上での喜びでも、喜びを知った上での楽しみもあるわけで。

楽しみって移ろいやすいから、執着しない方が楽かもしれない。

喜びは、魂が永遠に続く振動のような気がします。



友だち追加

スピリチュアルカウンセリング

【メニュー】
初めての方やメニューに迷われましたら、総合的アプローチの施術を受けれるトータルセッションをお選びください。
●トータルセッション
●透視リーディング
●エネルギーヒーリング
●ボディワーク
●電話・遠隔セッション