浄化力の高い、さくらの花のエネルギー

関東地方はさくらが満開となりました^^

千葉へ越してきて初めて、近所の佐倉城址公園へ行ってきました。
越してきたとき、「さくらが綺麗よ」とご近所の方に教えていただて、ようやく(^^;

でも、残念ながらちょっと早かったようで、満開とまでは行きませんでした。

 

お花って、見るだけでも癒されますよね。

 

連日、開花情報が流れるさくらは、やはり、日本の象徴。

昨夜、スイス人の友人から、「地元の新聞に日本のさくらの記事が載ってるよ!」と写メ付きのメッセージが送られてきました。

さくらは、世界も注目するくらいの美しさがあるのだな~と、日本人として誇らしく思えました^^

日本神話に登場する神様、木花咲耶姫(コノハナノサクヤヒ)の名前から、「さくら」と名付けられたとも言われています。

コノハナサクヤヒメの画像など見ると、さくらの花びらを纏ってるお姿が多いですものね^^

 

さくらの花言葉は、「精神の美」「優雅な女性」

花言葉さえも、コノハナサクヤヒメを象徴しているかのよう。

 

さて、花にも人間と同じく、固有のエネルギーを持っています。

さくらは、特に浄化作用が高いです。

潔さ、清らかさ、従順、純真、純愛、慈悲、慈愛、儚さ、後押し、軽やかさ、

こんなエネルギーの言葉が浮かんできます。

 

満たされるというより、そぎ落とさす性質を持っているようにもお見受けしています。

 

特に春は、一年を通じても、出会いと別れの多い季節。

入学、入園、就職、卒業、転勤・・・と、何かと新旧の入れ替わりが激しいです。

 

それに、新たに目標を立てる人もいるでしょう。

 

そんなとき、さくらの木の下で、たくさんのさくらのエネルギーを浴びて、足かせとなっている思考や古い価値観など、クリーニング(浄化)してはいかがでしょうか?

 

そして、大人になるにつれ忘れかけている、純粋で従順な心を取り戻すよう、意図してみてください。

 

私も、今年は例年になく、浴びたい衝動に駆られてます(≧◇≦)
人気にスポッとでなくとも、近所に咲きほこるさくらたちと戯れたいと思います^^

 

ちなみに、私は漢字で「桜」と表現するより、「さくら」とひらがなの方が可愛らしくて好きです。

佐倉城址公園とだけあって、お堀の跡があります。
園内に入る手前の道路にも、それらしき跡があるんですよね~。

 

ご予約フォーム(トータル)

お申し込みは、ご予約フォームよりお願いいたします。
24時間以内にご返信をいたします。
初めての方やメニューに迷われましたら、総合的アプローチの施術を受けれるトータルセッションをお選びください。