どんよりまったり停滞期の過ごし方

人間にはバイオリズムがあります。

これらは、星や月や暦のリズムの影響を受けることもあるけれでも、個人での成長においても然り。

 

この時期、発熱、下痢、だるさ、蕁麻疹、古傷が痛みだすなど、身体に表面化する人。
家電や通信機器が突然壊れるという、物質的に表面化する人。
人との別れ、仕事の転勤や異動など、人間関係に表面化する人。
もう完了していたはずの心の傷みが再浮上、許せない、怒り、淋しさなど感情の起伏が、理性でコントロールできなくなるなど。。。

 

心身にさまざまな形で、「生きづらさ」が現れます。

 

このうような物事のタイミングのずれや、心身の変化のことを、スピリチュアルでは「エネルギーシフト」と呼びます。
「アセンション」もそうかな。「成長期」とか「停滞期」とか表現はいろいろ。

 

こういう時、物事がうまくいってない。と焦りも出てきて、焦りの感情に飲まれると、よりドツボにはまりやすくなります。

 

そう言う人を透視で視ると、グラウディングが抜けてますし、オーラも散り散りになっています。
心ここにあらず・・・の時って、このような状態になってます(^^;
面白いことに、オーラの色は違えど、誰かに恋している時も同じです。

 

そんなときって、あれもこれも余計なことまで考えて、勝手に落ち込んで、ダメな自分にダメ出ししてと、自己評価も自尊心もダダ下がり・・・

 

そりゃ、そうよね。
上記のようなことが起きれば、かなりのストレスを感じるのは、当然のこと。

また、一度決めたことが、覆されるようなことが起こると、どっちが良い選択なのだろうか?といったが起こると、悩むということにも時間を割かれるから、それもストレス。

 

これらは、すべていい方向へ向かうために、避けては通れない関所のようなもの。

不要なものを出すために、身体も心も精神も頑張っている証拠なんです。

 

でもね、わかっていても、どんよりは辛いですよね。

 

そんな時、何でもいいから、淡々とやり続けること。
こういう時のために、日頃から続けらることがあるといいです。

 

いずれ、それも力となるから。
そこに、好きとか楽しいとかあえて求めくてもよいです。
むしろ、求めないほうがいい。

 

これをやったら、こうなる。とか、
これは楽しいからやる、好きだからやる。とか。
高揚感や期待を、必要以上に求めるのではなくてね。

 

停滞期って冬眠に似ているので、無理やり鼓舞するようなエネルギーは不要なのです。

むしろ、微かにある燈火を絶え間なく燃やし続けたいので、最低限のエネルギーを使い続けるほうが賢く乗り越えられます。

 

冬眠だから、絶対に春は来ます。
冬眠の期間は、その人のその時によって違います。

 

2、3日でスルッ抜けることあれば、週単位、月単位、年単位の人もいます。

その期間は、その人の置かれている環境、学びのテーマと速度など、個人の意識によって異なります。

だから、他人と比べることは、何のプラスにはなりませぬ。。。

 

そんなときのために、コツコツと続けられることがあるといいです。
焦りを最小限にすることで、気も紛れますしね。

コツコツ続けるって、地に足が着いた状態を継続することが出来ます。
スピリチュアルではグラウディングとも言いますね。

ほぞ細でも、グラウディングはあった方がいいですからね。

 

それでも落ち着かないわ~って方は、身体からのアプローチはおススメです。

身体を今こここの瞬間に持ってくることを忘れなければ、大事にならずにすみますのでね^^

 

アリゾナの解剖学実習のシェア会をやります。
詳細はこちらhttp://nijiironohashi.com/archives/2744

 

 

ご予約フォーム(トータル)

お申し込みは、ご予約フォームよりお願いいたします。
24時間以内にご返信をいたします。
初めての方やメニューに迷われましたら、総合的アプローチの施術を受けれるトータルセッションをお選びください。