子宮へのワークは、すべての女性にお受けいただきたい!と鼻息が荒くなるくらい、素晴らしいワークです。

こんばんは、にじいろの橋 松浦です。

毎日毎日、あっついですね~(>_<)
日中外に出ると、体にまとわりつく熱波に、呼吸が苦しくなりますね。
外でお仕事の方はもちろんのこと、お家の中でも水分補給は十分に取りましょうね。

さて今週は、ボディワークの定例勉強会から始まりました。
今回は、膀胱、腎臓、尿管、子宮へのモティリティワーク(※)、
クラニオバイオダイナミクスの一部を教えていただきました。

バイオテクニックも、どんどん進化しているようです。
この日学んだテクニックは、ボディーワークというより、ほぼヒーリングに近いアプローチでした。

今回の勉強会で一番感動したのは、子宮へのワーク。

子宮へのワークは、すべての女性にお受けいただきたい!
と鼻息が荒くなるくらい、素晴らしいワークです。

当サロンでは、不妊症、流産、死産、婦人特有の疾患などの原因を、
透視リーディングさせていただいています。

その際多く見受けられるのは、自己否定のエネルギーです。

女性で生まれたのに、子供を持てない私は・・・
子供は親を選んで生まれるというけど、選ばれない私は・・・
女性としての機能を失った私は・・・
どうせ私なんて・・・

と、「私」という存在価値を否定しています。

否定のエネルギーは、身体に緊張とこわばりを生みだします。
それは、機能低下に繋がりますし、もちろん、周辺の身体の各組織にも及ぼします。
そしてそれは、人体を取り巻くオーラにも影響します。

私がワークを受けた後の身体感覚は、子宮はプルン♪ 卵巣はプリッ♪ 卵管はツルン♪ 骨盤内はふんわり♪ 骨盤が整う♪ 股関節周りは軽い♪ 下半身の血行が良くなる♪ 呼吸が深まる♪ などなど、これはほんの一部^^

「ない。と思うのは幻想で、私という存在価値はここにある。必要なものは、すでに携えている」と言うメッセージも受け取りました。

オーラはクリアになり、「ここに、そのままいていいよ」と、何かに包み込まれる感覚もありました。

私が行うヒーリングテクニックでも、子宮や卵巣、卵管にある不要なエネルギーを浄化し、機能回復を促し自己調整力を引き出すのですが、それを安定させる(身体に覚えさせる)には、ボディワークを継続的にお受けいただくのが良いように思います。

子宮のみならず、そこを起点に影響を及ぼしている組織の調整もされますので、身体全体がバランスを取り戻します。

女性が「子宮を感じる」ということは、忘れていた何かを思い出させてくれるかもしれません^^

不妊治療や死産や流産、生理痛、PMS,生理不順などの
婦人科系疾患のストレスから解放されたい方はもちろんのこと、

ちょっと自分に厳しいかな~。
自分で自分を認めたいな~。
子宮を感じてみたいな~。
オンナを思い出したいな~。

という方、お待ちしております^^

 

※個人によって、体感、体験は異なります。
※モティリティワークとは、組織が持つ自動運動性を引き出す手技です。身体の各組織がもつ固有の振動を捉え、それらが自然な状態になるように導きます。個の内側にある自己調整力、生命力を引き出します。

 

女性性

スピリチュアルカウンセリング

【メニュー】
初めての方やメニューに迷われましたら、総合的アプローチの施術を受けれるトータルセッションをお選びください。
●トータルセッション
●透視リーディング
●エネルギーヒーリング
●ボディワーク
●電話・遠隔セッション