ハートからの奉仕~ヒーラーアマラのギャザリング~

3日目最終日の朝、窓から美しく壮大な富士山が見えた。
富士山を前に部屋で、瞑想・迷走・瞑想。

 

この重い=思いを落としきって帰らないと、私、来た意味ないからね!と自分に言い聞かせて、いざ出陣!

 

最終日、ハッキリ言ってあまり覚えていない。
それくらい、真剣だった(≧∀≦)

 

ただ、これまでにあまり話す機会がなかった参加者さんたちと、お話しする機会を楽しみました。

このギャザリングの集まりでは、自己紹介というものがなかったのです。

なので、この時間は、ただハグしたり、語らったり、涙したり・・・

 

たまたま私の横で、互いの生まれた年をお話されてる方々がいらして、生まれ年が母と同じだと知り、「母と同じ年です^^」と話の輪に入れていただいたのです。

 

その時「1年以上母と会ってないかな」なんてボソッと言ったら、お一人の方が、何かを察してくださったようで、「私をお母さんだと思ってハグさせて」ハグをしてくださいました。

 

母と仲が悪いわけではないけど、ときどき母親から放たれるコントロールビームを防御するために、適度な距離感をとっています(笑)

 

なんかね、こういう無条件に自分を差し出して、人を癒せる人って、本当に尊敬します。
それに、こういう人こそ、真のヒーラーだと思います。

 

誰かのために、自分が出来ることをする。
自分を前に出し過ぎずに、相手のことを思いやる。

 

とてもシンプルなこと。

 

なんだけど、やはりね、損得や自分を出しすぎちゃったり、相手を気にしすぎちゃったり、
優位に立ちたかったり、認められたかったり、いろいろ付属品がついてくる。

 

これらって、本当にハートからの奉仕なんだと思う。

それには、身体をリラックスさせること。

これは、アマラもよく口にしていました。

 

今の私たちは、追いかけることは好きだけど、止める、留める、待つことができません。
リラックスって、そこから起き上ってくるので、現代人にはほど遠いですね(^^;

 

ハートからの奉仕って、リラックスしないと難しいかなと思いました。
マインドは、どうしても条件付けをしてしまうのでね。

 

ハートを開いて、ようやくスタートラインってところでしょうかね(^^;

そこまでたどり着けただけ、ラッキーかも。。。

 

3日間を通して、ずっと自分の深いところを、誰かのリードによって見つめるというのは、本当に久しぶり。

 

アマラに言われたことに、今、取り組んでます。

取り組めば取り組むほど、マインドからハートへ変換をしていかないといけないと思っています。

 

この後に、クラニオのクラスがハートだったので、それはそれは、とても役に立っています

 

今、クラニオを受けてくださっているクライアントさんには、ハートを平くワークを沢山取り入れています。

ハートを開くと、実は孤独感を感じたり、罪の意識、被害者意識など、マイナスな感情とも真摯に向き合い続けなくてはいけない。

 

むしろ、身体をもって地球に降り立った時点で、孤独感はある。

孤独と向き合うことから、地球と宇宙の繋がりを理解できるのだと思います。

 

そして、そこからが本当にスタートで、本来の自分へ戻れる入り口が開かれます^^

 

ご予約フォーム(トータル)

お申し込みは、ご予約フォームよりお願いいたします。
24時間以内にご返信をいたします。
初めての方やメニューに迷われましたら、総合的アプローチの施術を受けれるトータルセッションをお選びください。