身体は間違わない~クラニオバイオダイナミクス6Days~

6日間の間に、クラニオを12セッションを受けました。

こんなに毎日クラニオを受けるのはまずないのだけれども、クラニオ自体も久しぶりにたっぷりと堪能。

 

※アシスタント呼ぶには忍びないほどの大御所お二方・・・田畑さんと藤本さん^^

 

うん、やっぱりクラニオはイイ!

私がこの6日間でクラニオを受けた恩恵は、、、

・食事がいつも以上に美味しく感じた。
・身体が欲している食べ物がわかった。
・視界がクリアになった。
・楽に立てる。
・呼吸が深くなった。
・質のよい睡眠がとれた。
・疲れなかった。
・身体がよく動いた。
・心と身体の静けさを取り戻せた。
・知覚の広がり
・頭の中心の広がりと明るさ
・姿勢が整う

など、ここでは書ききれないのですが。。。

 

特に知覚の広がり、頭の中心の広がりと明るさは、今回の大きな影響を受けた恩恵のひとつです。

 

これらの広がりを手にすると、問題や課題、感情の渦に飲み込まれることなく達観視できます。
これほど、楽なことはありませんね^^

 

私自身、バリ島リトリート→山梨で瞑想三昧のあとでしたので、かなりのシフト(変容)が起きていたことは確か。

現に「尾骨からガムランとお香の匂いがするよ(笑)」って笑われたくらいだし(≧◇≦)

 

それと、エネルギーのシフト(上昇や変容)が起きた後は、それに沿った身体にシフトアップするには、大いに役立ちました。

※南国の産後ドゥーラみたい・・・と言われた(笑)
「南国出身ですか?」と尋ねられるけど、バリバリの雪国育ちですから(‘ω’)ノ

 

そもそも私がクラニオに興味を抱いたのは、透視をしていて、心と身体がバラバラで、身体に魂が留まっていない人が多く、それらを統合するに健全で早かったから。

 

それでは現実離れを起こし、「自分を生きる」とか「スピリチュアル」どころの話ではなくなってきます。

 

実際、透視の学校でも、卒業するまでずーーーーーっと「身体に戻りなさい!」と言われ続けました。
それくらい、身体に魂を留めることは重要なのです。

 

日常生活の中にもあると思うのです、ちょっとボーっとすることって。

こういう時、身体はお留守になっています・・・

他人の意見に流されやすい人もそう。

 

スピリチュアルでは、「グラウディングをしましょう」という言い方にもなるのですが、グラウディングってイメージワークなので、出来ているのか出来ていないのか定かではなく、より不安になって抜けやすくなります。

 

だけど、身体が覚えてしまえば、グラウディングの体感力はアップしてきます。

 

がしかし、昨今は情報過多の時代。。。

 

今まで目にしなくてよかったことが目に入り、それらが神経系にダメージを与えるので、私たちの中にある「安心」が失われつつあります。

だから、あっという間に身体から魂は抜ける。。。

 

これらが、あらゆる不調の原因になっていることも然り。。。
情報のおかげで救われることもある現代は、ある程度の遮断は出来ても限りはありますよね。

 

だからこそ、これからの時代、身体のメンテナンスは必須です!

健康だからいいとか、元気だからいいとか、疲れていないとか、そう言う問題ではないです。(こういう考えこそ、古い固定観念や価値観ですよね(笑))

それに、こういうことを口にする人ほど、自分の身体の状態に気づいていません(笑)

 

いつでも最高のパフォーマンスが発揮できるように行うのが、メンテナンスです。

 

それに、身体との信頼関係に間違いは起こりません。

食べたいもの、
心地がいい場所、
心地良い場所から脱出して世界観を広げるとき、
疲れを感じること
楽しいと感じること、
辛いと感じること

 

「感じる」って、あなたの生命力そのものです。

たった一つの細胞から始まって今日まで、自分で積み上げてきたものは間違わないのだ。

 

 

ご予約フォーム(トータル)

お申し込みは、ご予約フォームよりお願いいたします。
24時間以内にご返信をいたします。
初めての方やメニューに迷われましたら、総合的アプローチの施術を受けれるトータルセッションをお選びください。