ゲシュタルトの祈り・私は私、あなたはあなた

パートナーに対して、自分のことを理解して欲しい、また、パートナーのすべてを知りたいは、愛なのでしょうか?

本当に愛があるなら、理解を求め合うのではなく、ただただ無条件に信頼することだと思う。

 

信頼を求めて、理解を押しつける。

どんなに愛する相手でも、これをされたら、反したくなるのが人間の性。

 

まずはあなたがこの実践者にならないと、相手に求めすぎてしまうのではないだろうか。

大切な人ほど、愛と自由を与え尊重する。

自分の人生に主体性を持つと、ただただ、信頼するしかなくなってくるから。

 

 

ゲシュタルトの祈り

私は私のために生きる。あなたはあなたのために生きる。

私は何もあなたの期待に応えるために、この世に生きているわけじゃない。

そして、あなたも私の期待に応えるために、この世にいるわけじゃない。

私は私、あなたはあなた。

でも、偶然が私たちを出会わせるなら、それは素敵なことだ。

たとえ出会えなくとも、それもまた同じように素晴らしいことだ。

 

I do my thing, and you do your thing.

I am not in this world to live up to your expectations,

And you are not in this world to live up to mine.

You are you, and I am I,

and if by the chance we find each other, it’s beautiful.

If not , it can’t be helped.

 

フレデリック・S・パールズ(ドイツの精神科医)1893~1970年
「ゲシュタルトの祈り」は、パールズが創設したゲシュタルト療法の思想を盛り込んだ詩。

 

 

『ワタシを感じる』バリ島リトリート

神々の島バリ島で、あらゆる制限を超えて、ワタシを感じ取り戻し、自由で天真爛漫な本来の姿に生まれ変わり、「本当はどう生きたいのか?」を思い出し、ワタシが光り輝く愛と自由の世界を築いていくことのできる、限定4名をナビゲートするスペシャルリトリートです。