アリゾナ解剖学実習~後記~健康って、生きるってなんだろう?

解剖学実習でのことを先に書くべきなのかもしれないけど、
帰国後の自分の変化を先に記しておこうかなと。

 

帰国後すぐに発熱しちゃった私は、5日ほど寝込みまして、朦朧とした意識の中で、生きるって何だろう?死って何だろう?健康ってなんだろう?とぼんやりと考えていたわけです。

 

なぜなら、風邪で寝込むこと、実に10年ぶりくらいでして。

身体に携わるものとしては、久しぶりに自分の身体でさまざまなことを体現できるので、ちょっと嬉しくもあり、でも、予約を変更のお願いは心が痛くて。

なんとも両極端の中に意識がぼんやりとありました。

 

ぼんやりしながら真っ先に思ったのが
「夫に美味しいご飯を食べてもらいたい」
そんな思いがぐわぁって上ってきました。

 

私にとっての、健康で生きているって、「愛する人に自分のできることをしてあげること。し続けること」なんだなと。

 

帰国後早々、寝込んじゃった罪悪感は全くないです。
ここは勘違いをしてもらいたくないので、あえて書いておきます。

 

本当に、純粋に「してあげたい」ことが「できない」というのが何とも悲しくて。

 

「ならば、しっかり寝て、回復を待とう!」と大人しくしていました。

 

そんな経験から、私たちが身体を持つ意味って「人を愛すること」なんだな~と。
ちょっと言葉にすると当たり前な感覚になるのだけど、ひとつ深いところでの理解が落とし込めた感覚です。

 

もちろん、様々なことを体験したり、経験を積んでいくことは魂の成長には不可欠なんだけれども、それ以上に、「人を愛すること」を学ぶために肉体をもったんだな~と実感します。

 

相手に条件を求めずに愛し続けるって、互いに成長していく中で、時々歯車が合わない時もあると思うのです。

意見の相違が生じたり、賛同してもらえなかったり、共感することが少なくなったり。

互いに歳を重ねていけば、どうしたって、あれれ?ってこともでてくる。

 

そこを、条件なく、丸っと受容する器を変化させ続けていくって、心も身体も精神(魂)も健康で生きてるからできることなのではないかしら?と思ったのです。

 

そんな気づきを確認させられるかのように、市から健康に関するアンケートが、無作為に選んだ住人の一人に選ばれて送られてきました。

 

なんというタイミングなのだろうwと、ニヤケてしまいましたが。

 

アンケートの中に「あなたにとっての健康とは何ですか?」という質問事項がありました。

15個ほどの回答の中に「人を愛することができること」と書かれていて、うなりました。

 

なぜなら、それまでの質問が、一昔前の考えというか古く感じたのです。
三食食べてますか?規則正しい生活をしていますか?とかね。

 

もちろんそれらも大事だけど、「三食食べる」ってことさえ、その人のその時のコンディションによるでしょ?って思うから。

 

他の回答には、「病気でないこと」など、身体の健康に対しての回答もありましたけど、「幸福なこと」「前向きに生きられること」「家庭円満であること」など、心の在り方についての回答が圧倒的に多かったのです。

 

「健康」といっても、それさえ、自分で選択できる時代。

 

解剖を通じて思う「健康」って、どんな健康法や方法論、考えにも「正解はない」ということ。

 

巧妙で一寸の狂いもなく創られている身体の内部を見ると、「これが正しい」という答えを出すことが、どんなに浅はかな行為なんだろう・・・と考えさせられるのです。

 

サイエンスが大いに役立つことも知っています。

けれども、サイエンスが進化しても、人の病気は減るどころか増えてますでしょ?

 

そこをどう捉えて、身体と向き合い、幸せを手にするか・・・

永遠のテーマになりそうです(^^;

 

解剖学実習のシェア会やりますよ~。
詳しくはこちらの記事を。
http://nijiironohashi.com/archives/2744
お申し込みは下記からポチってください。

※写真は解剖学実習をしたラボの前。
青空を見上げながらお昼寝は最高でした^^

お申し込みフォーム(講座)

各種講座のお申し込みはこちらよりお願いします。
24時間以内にご返信をいたします。