人を多面で見る癖をつけると、楽に生きれる

透視リーディングを始めて、人の一面だけをみることより、その人の側面や背景を見ることを、より大切にするようになりました。

それでも、自分の心にゆとりがないと、どうしても一方向からしか見れない時もある。

 

人は「見た目」より大切な「こころ」があります。

 

華やかな世界にいる人でも、孤独や淋しさを抱えている人だっているでしょうし、どんなに事業で成功していても、お金に対する恐れがぬぐえない人もいる。

逆に、お金はそこそこでも、家族の絆が強くて、どんな状況下でも幸せを感じる人もいるでしょうし、休みなく働いて入れも充実している人もいる。

 

外側から見ても、見えない部分は、たくさんある。

自分のことだって、一部しか知らないでしょ?

潜在意識まで、まるっとわかる完璧な人などいないですし、まして人様を丸ごと知るすべはないのです。

 

人って愚かだから、自分の価値と合わないと、サクッと裁くときがあるでしょ?
「え?あんなのいいの?私と趣味が合わない=好きじゃない」みたいな。

 

そうでなくて、「へぇ、あんなのいいの?どこに魅かれたんだろう?」って見る目をもつと、視野が広がって楽しいですよ^^

 

他人の隠れた魅力を見つけるのが楽しくなると、自分の魅力も見つけることが得意になる。

 

だって、他人は自分の鏡ですから、他人の魅力は自分の魅力でもあるわけですから。

この絵だって、見方によって違いますでしょ?

 

ご予約フォーム(トータル)

お申し込みは、ご予約フォームよりお願いいたします。
24時間以内にご返信をいたします。
初めての方やメニューに迷われましたら、総合的アプローチの施術を受けれるトータルセッションをお選びください。