ゆる~くグルテンフリー生活をしてみました

この一カ月ほど、小麦製品を主に主食から抜いた食生活、グルテンフリーを試してみました^^

グルテンフリーとは、小麦、大麦、ライムギなどグルテンを含まない食事療法のこと。

 

うっかり食べてしまったのは、

カキフライの衣←半分取り除いた。
ラスク1枚←いただきもので誘惑に負けた
醤油←これは、なかなか難しかった

 

で結果、、、

いい!とてもいい!

 

あくまでも個人的な見解ですが、

「集中力が増した」
「眠くならない」
「頭がクリア」
「少し痩せた(特にお腹周り)」
「肌艶、くすみがなくなった」
「疲れない」
「身体が軽い」
「ウンがすごく出た」

という体感がありました。

 

一番驚いたのは、ウンがすごく出た(笑)

もともと快便なのですが、3~4日目あたりに、尋常じゃないくらい出てびっくり!
一日に、何回トイレへ行ったことか(笑)

 

そのあとの、空っぽ感と軽さはすごかったです!

 

小麦製品を頻回に食べるほうではないので、すこぶる変化は見られなかったのですが、それでも、違いはありましたね~。

 

きっかけは、久しぶりに食べたパンで、胃が重くなってしまったから。

 

天然酵母を使った国産小麦で丁寧に作られたパンだったのだけど、連日の外食でちょっと胃には重めの食事が続いていたのが原因。

いい機会だから、小麦製品を抜いた身体はどう変化するのか、人体実験もしてみたかったていうのもあります。

 

昨年、テニスプレイヤー、ジョコビッチ選手がグルテンフリーの食生活を行ったところ、成績がグンと上がったという本を出版され、注目を浴びました。

 

その時は、へぇ~くらいにしか思っていませんでした。

 

が、思えば、小麦製品、パスタやうどん、パンを食べると、途端に眠くなる、という症状はありました。

 

去年の夏、オステオパシーの先生のところで、「脳デトックス」というテーマのワークショップに参加した時、小麦を食べる前と食べた後でも、頭蓋骨や脳の動きの変化を見るという実験をしました。

 

違いは歴然!

 

食べた後の頭蓋骨と脳の動きは鈍くなって、シュッとしていた動きが、ぼわ~んと広がっているように感じました。

 

ただ、これも個人の小麦製品の耐性による違いはあります。

 

その時の私は、あまり影響がなかったのです。

それは、食べた食品が、麩まんじゅうで、ヨモギと小豆がデトックス食品だったからかもしれないですし、コンディションの問題もあるかもしれない。

 

そんな経験があるから、小麦製品の食べるタイミングだったり、摂取量は気をつけていました。

 

でもね、小麦製品って美味しいのが多いから、誘惑には負ける(笑)
そして、食べ過ぎて後悔しちゃったりね。

 

今回グルテンフリー生活をして、今後も必要以上に食べないな~と。

 

何故かというと、思っていた以上に身体が欲していないということがわかったから。

 

私が食品や食事に気をつけているのは、「身体が何を欲しているか」だけです^^

 

農薬や添加物も極力入れないようにしてはいますが、ゼロにするのは今の社会では無理。

気にしすぎもストレスになるという経験をしているので、その辺りはゆる~くね。

 

あとは、しっかり汗をかいて、出すものをしっかり出すだけ。

 

ちょっと原因が思い当たらない不調が続くなら、小麦製品を抜いてみるのもいいですよ。

 

嗚呼、そろそろケーキが食べたい・・・

 

と書いていた翌日に、ロールケーキをいただきまして食べました^^
久しぶりに食べるケーキの美味しいこと、美味しいこと♪

 

ちなみに、小麦製品の害?について書かれている記事です、ご参考に。
http://toyokeizai.net/articles/-/111351

 

940af6587e4f8cd971ac9d40892bca95_s

スピリチュアルカウンセリング

【メニュー】
初めての方やメニューに迷われましたら、総合的アプローチの施術を受けれるトータルセッションをお選びください。
●トータルセッション
●透視リーディング
●エネルギーヒーリング
●ボディワーク
●電話・遠隔セッション