母親との関係性をヒーリングで解消

母親と娘、その関係性に悩む、女性は少なくありません。

子を思うあまり、愛情が支配に変わっていることに気付かない親子関係は、
大人になってから大きな歪として現れることが大いにあります。

「いい子でいよう」から
「いい女でいよう」
「いい妻でいよう」
そして、「いい母親でいよう」と
気付かないうちに、自分自身を苦しくしてしまうことがあります。

I様も、お母様との関係に悩まれるおひとり。

「あなたには出来ない」
「親がこんなに心配しているのが、わからないのか」
「親のいうことが正しい」
という実母から受けた教育を、ご自身の子育てではしたくない。
と思っていたそうです。

ですが、お子さんから
「おばあちゃんに似てきて、うるさくて嫌だ!」と
言われるようになり、
これではお子さんと信頼関係が築けないからどうしたらよいか。
というご相談でした。

ハイヤーセルフからの指示は、
「オーラから徹底的に母親から受け取った教えをお掃除すること。」

オーラは、人生の書とも言われくらい、
その人の人生に必要な情報が入っている図書館のようなもの。

そこに、他人の情報があると、自分の情報と見間違えてしまうんです。

I様の場合も、オーラの中に入ってしまったお母様の価値観を通して、
現実を作っていたんですね。

なので、お子さんからも「おばあちゃんに似ている」と言われるのもうなずけます。

I様のオーラ全体を透視しますと、
第2、3、4チャクラに相当量の
お母様のエネルギーが侵入しているのがお見受けできました。

第4チャクラでは、自分らしさを発揮すること、
第3チャクラでは、自分の思い描く行動することに、
第2チャクラでは、幸せや喜びを感じることに
それぞれ妨げになっています。

その話をしながらヒーリングをしていたら、
I様は次から次へと思い当たることが出てきて、
笑わずにはいられなかったようで、
大爆笑されていました。

今回、最も興味深かったのは、第2チャクラをヒーリングしている時。

私「岩というか、大きな石のようなものがいくつか見えます。このようなエネルギーを視るときは、婦人科系の疾患の方が多いんですよ」とお伝えしたところ、

I様「ああ!子宮筋腫があります!(笑)」

私「なるほど!岩のように見えたのは、もしかしたら子宮筋腫かもしれません^^
もう威力といいますか、悪さをするようにはお見受けしませんが、エネルギーは浄化しますね」

I様「はい!一時期貧血や出血も多かったのですが、今は普通に生活できてます」

私「それは、良かったです^^」

と、このように、「怒り」や「我慢」「自己犠牲」などといった抑圧された感情が多い場合、
子宮筋腫という形で現れることも少なくありません。

子宮筋腫は4人に一人に症状があると言われています。
もし、子宮筋腫をお持ちでしたら、
ちょっと見つめ直してみるきっかけになるかもしれません^^

その後、3回ほど連続でヒーリングを受けてくださり、今もなお継続中です。

今では、支配的なお母様の行動や行為を笑って受け流すことが出来るようになった、と笑顔を取も出されています。

もちろん、I様自身、お母様と対等でいる工夫と努力をされ、快適な関係性を構築されています。

また、以前より職場で打診の合った昇給のお話も、「自信がないから受けとれない」とおっしゃっていたのですが、「お受けすることにしました!」とご報告をいただいています。

このように、母との関係性を見直すことで、息を吹き返したように自信を取り戻したり、
自分らしく生き生きと人生を創造することは特別なことではありません。

実は、私もその一人^^
母のことが嫌いで仕方ありませんでした。
そんな自分も許せなくて、罪悪感でいっぱいに。。。
今では、「いい相談相手」と思えるようになりましたが、
母といつまでも尊重しあえる親子でいたいので、
母のエネルギーのお掃除(ヒーリング)は欠かせません(笑)

スピリチュアルカウンセリング

【メニュー】
初めての方やメニューに迷われましたら、総合的アプローチの施術を受けれるトータルセッションをお選びください。
●トータルセッション
●透視リーディング
●エネルギーヒーリング
●ボディワーク
●電話・遠隔セッション